H19年度 第4回 チャリティーコンサート

もくせい会グループ 第4回

カントリー & ジャズ

収益金は、社会福祉法人もくせい福祉会の運営に役立てます

日時場所 2007年7月16日(月・祝) 13:30開場/14:00開演/16:15終演予定
埼玉会館小ホール
アクセス
マップ
埼玉会館 小ホール http://www.saf.or.jp/access/saitama/index.html
〒330-8518 さいたま市浦和区高砂3-1-4
電話:048-829-2471  Fax:048-829-2477
(JR浦和駅西口より徒歩6分)
入場料 (全席自由) 前売 1,500円、当日1,900円
障害者手帳をお持ちの方 1,000円
プログラム ■会場の皆さんと一緒に
… ケサラ(自由の森学園バージョン)など、一緒に歌いましょう♪
■ザ・グリーン・ファーム …カントリースタイルで活躍中
7名のアマチュアバンド
(明治大学フォークソング同好会OB・岸秀豊さんと友人達)
特別ゲスト(プロ・ジャズ) 佐久間優子トリオ
佐久間優子p、林正男b橋本学ds
(プロ・ジャズ・ピアニスト・佐久間優子さんのグループ)
        
申し込み 前売りチケットのお申込み (5月より)
もくせい福祉会事務局  FAX 048-825-5810
問合せ もくせい福祉会後援会・副会長・齋藤正男
主 催 もくせい福祉会後援会
共 催 社会福祉法人もくせい福祉会
さいたま市精神障害者家族会もくせい会(もくせい家族会)
協 賛 HOYAサービス(株)NPO法人 埼玉こころのかけ橋 / (株)伊藤園浦和支店 / (株)エーハン総業 / 三位電気(株) (有)ケンズクラフト 東京インターホーン(株)
後 援 埼玉県精神障害者家族会連合会 / さいたま市障害者協議会 / さいたま市精神障害者家族会連絡会 / 明治大学フォークソング同好会OB会

出演者紹介

■佐久間優子トリオ (特別ゲスト)プロ・ジャズグループ

とんでもなく、凄いジャズ・ピアニスト・佐久間優子さんのグループです。
当日はどんな演奏を聴かせてくれるのか・・・

佐久間優子 ピアノ
1968年3月 茨城県生まれ
6歳でピアノを始める。東京音楽大学ピアノ科卒業後、就職。一時ピアノから離れた生活を送る。社会人生活の傍ら、ジャズピアノを北條直彦氏に師事する。
’00年頃から少しずつ演奏活動を始め、’02年に専念。
現在は、自己トリオや様々なユニットとのセッションにより、都内及び近郊のライブハウスで精力的なJAZZライブ活動を展開中。阿佐ヶ谷ジャズストリート や、谷根千サマージャズフェスティバルなどにも出演。佐久間優子トリオでは、オリジナル曲の作曲にも力を注ぎ、ホットで緻密でハングリーなサウンド作りを 目指している。
林 正男 ベース
1964年7月 東京都生まれ
13歳でギターを始める。音響メーカーに就職後、会社のサウンドフェスティバル出場をきっかけにウッドベースを始め、社会人ビッグバンドに加入後、本格的 にウッドベースを河原秀夫氏に師事。様々なジャズコンテストでの受賞経験を持ち、数々のバンドのリコーディングに参加するほか、TBSのドラマ「人の不幸 は蜜の味(大竹しのぶ主演)」ライブハウスの演奏シーンにエキストラ出演するなど、その活動の幅は広い。’92年11月に会社を退社後、演奏活動に専念し ている。
橋本 学 ドラム
1976年2月 兵庫県生まれ
中学校吹奏楽部にてドラム・パーカッションを始める。横浜国立大学入学後モダンジャズ研究会にてジャズ・フュージョン活動を開始。在学中からリットーミュージック社ドラムコンテストや、横浜ジャズプロムナード・コンペティションなどで数々の受賞経験を持つ。
現在、自己トリオのほか多数のバンドで都内および近郊で精力的にライヴ活動を行いながら、ツアー・レコーディングも行っている。

■ザ・グリーン・ファーム (カントリースタイルのアマチュアバンド)

メンバーそれぞれのバンドで演奏していたカントリー好き、ロック好きが集まって、12年前に結成した。50’s、60’sの古い曲から、最近のカントリーの 曲など様々なジャンルのナンバーを選んで演奏し、日本の曲もレパートリーに入れて、カントリーのスタイルで演奏している。
最近では、ボーカル3人でメタボリックスとして、アコースティックなスタイルでの演奏も行なう。

岸 秀豊 サイドギター、リードヴォーカル、コーラス
 (リーダー、元明治大学フォークソング同好会・7期幹事長)
高井和雄

サイドギター、フラットマンドリン、リードヴォーカル、コーラス

西村洋明 リードギター、バンジョー、コーラス
布施浩平

ベース、ブルースハープ

中野隆司

ペダルスティールギター

三島 勲 サイドギター、ベース、リードヴォーカル、コーラス
赤羽昌巳 ドラムス

▲ページの先頭に戻る